トップ > 楽器別 > 金管 > トロンボーン > トロンボーンのお手入れ方法

トロンボーンのお手入れ方法

書いた人:ryonotori
中学・高校と吹奏楽に明け暮れていました。
今はサルサやジャズを中心に演奏したり、編曲や楽譜制作などをやっています。
たまに吹奏楽オリジナル曲を探すのも好きです。
今回はトロンボーンの手入れについて説明します。

トロンボーンは管楽器の中でもシンプルな構造のため、手入れをしやすいです。

こまめに手入れをして、楽器をきれいに保ちたいですね。

トロンボーンにはテナー、テナーバス、バスなどの種類がありますが、今回はテナートロンボーンについて説明します。

1.トロンボーンの構造

トロンボーンを分解
トロンボーンを分解
トロンボーンを分解すると、いくつかのパーツに分かれます。

・スライド内管
・スライド外管
・マウスピース
・チューニング管
・ベル

この中でも、特に手入れが必要なスライド(内管・外管)、マウスピース、チューニング管について紹介していきます。

2.スライドの手入れ

スライドはトロンボーンの命です。少しの傷やへこみで、スライドが動かなくなったり、音が悪くなります。

手間はかかりますが、使うたびに欠かさず手入れをしましょう。

演奏前の手入れ

スライドを滑らかに動かせるように手入れをします。

これを怠ると、スライドが摩擦で傷つきやすくなってしまいます。手入れを忘れないようにしてください。

スライドがスムーズに動くと、気持ちよく演奏できますよ。

使うもの:
YAMAHA スライドクリーム
ヤマハ ウォータースプレー S 15ML WSS
スライド内管は、先が少し太くなっています。そこにスライドクリームを薄く塗ります。
スライドクリームを塗っている様子
スライドクリームを塗っている様子
クリームを塗った後は、ウォータースプレーでスライド内管の全体に水を吹きかけます。
ウォータースプレーの使用イメージ
ウォータースプレーの使用イメージ
これでスライドが滑らかに動くようになります。

※もし手入れをしても滑りが悪いままの場合
スライドに傷やへこみがついている可能性があります。

放っておくと摩擦で傷が広がってしまいます。早めに楽器店のリペアに見てもらいましょう。

演奏後の手入れ

管の内部の水分や汚れを放っておくと、サビや雑菌の原因になります。

楽器を清潔に保つため、毎回掃除をしましょう。
使うもの:
YAMAHA ポリシングガーゼ PGL2
YAMAHA ヤマハ クリーニングスワブ TB2 CLSTB2 (トロンボーンスライド用)

まず、スライド内管全体をガーゼで優しく拭き、スライドクリームや水分を取り除きます。
スライド内管を拭く様子
スライド内管を拭く様子
次に、スライド外管・内管の中を掃除します。

掃除にはクリーニングスワブを使うと簡単です。スライド内管・外管にスワブを通し、汚れを取り除きます。
外管にスワブを通している様子
スワブを管から抜く時は、そっと引っ張りましょう。

勢い余ってスライドを周りのものにぶつけないよう、気をつけてください。

3.マウスピースの手入れ

マウスピースには直接口をつけるので、口の中の食べかすなどがたまりやすいです。

こまめに掃除をして、清潔に保ちましょう。

使うもの:
ヤマハ マウスピースブラシ L MPBL2
ブラシをマウスピースの管に入れ、汚れを取り除きます。
マウスピースを掃除している様子
マウスピースを掃除している様子
強くこすると管内を傷つけてしまいます。優しくこすってください。

終わったら、マウスピースを軽く水で洗って乾かしましょう。

※マウスピースのメッキがはがれている場合
マウスピースのメッキがはがれると、そこから青サビが発生します。

こすれば取れますが、またすぐに発生するのでキリがありません。

この場合はメッキのかけ直しを検討しても良いかもしれません。所によりますが、楽器店が取り扱っていることが多いです。

4.チューニング管の手入れ

使い続けていると、チューニング管とベルの接続部が汚れたり、チューニング管を抜き差ししにくくなります。時々手入れをしましょう。

使うもの:
YAMAHA ポリシングガーゼ PGL2
ヤマハ スライドグリス スティック SGK4
YAMAHA/クリーニングスワブ CLSTBEP(TB・EP抜差管用)【ヤマハ】

チューニング管の接続部をガーゼで拭き、古いグリスや汚れを取り除きます。

その後、スライドグリスを薄く塗ります。
スライドグリスを塗る様子
スライドグリスを塗る様子
また、チューニング管の中にスワブを通して、水分や汚れを取り除きます。
スワブを通しているところ
スワブを通しているところ

5.楽器の表面の手入れ

演奏していると、楽器の表面に細かい汚れがつきます。

楽器をしまう前に、ポリシングクロスで表面をよく拭きましょう。

使うもの:
ヤマハ ポリシングクロス M COTTON PCM3
拭いている様子
拭いている様子

6.歯磨きで汚れの予防

手入れをしても、汚れを完全に取り除くのは難しいです。

そもそも汚れがつかないよう、予防するのが一番です。

汚れの大きな原因の1つは、口の中の食べかすです。

演奏前にはなるべく歯磨きをして、口の中をきれいにしましょう。

7.おわりに

楽器の手入れは良い音を保つためにも重要です。

日頃から手入れをしっかりして、楽器と長く付き合っていきましょう。
書いた人:ryonotori
中学・高校と吹奏楽に明け暮れていました。
今はサルサやジャズを中心に演奏したり、編曲や楽譜制作などをやっています。
たまに吹奏楽オリジナル曲を探すのも好きです。

コメントをする

コメントを見る(2)

コメント
お名前
コメント

リュック

    何でスライドオイルを使わないんですか?


2018-05-30 20:38:48

ryonotori

> 何でスライドオイルを使わないんですか?

スライドオイルは手軽さが魅力的ですね。
ですが、下記2つの理由から、私は多少手間でもスライドクリームをおすすめします。

(1)
スライドオイルは効果が長続きしにくいです。
演奏の環境にもよりますが、効果が1ステージもたない場合もあります(経験あり)。
スライドクリームを使えば、炎天下などのよほど過酷な環境でない限り、効果は十分に続きます。

(2)
スライドオイルは垂れやすいため、油断すると周りを汚しやすいです。
スライドクリームは手が汚れますが、他人も使う床や机などを汚すよりは良いだろう、と私は考えています。
スライドクリームでも、手を拭かないと周りを汚してしまいますが…

ただ、プロの奏者にもスライドオイル派とスライドクリーム派の両方がいます。
上記の2つの理由は、単に使い方の問題だという見方もできるでしょう。あくまでご参考まで。

2018-06-02 15:37:30