チューバ吹き必見!チューバソロ曲の紹介8選

さいくろん

チューバ暦30年。社会人吹奏楽団と管弦楽団で活動中。 アマチュアのボランティア活動として、小中高校での練習もサポート中です。

チューバ奏者の皆さん、こんにちは。

この記事では、チューバソロの楽曲を紹介します。 吹奏楽では伴奏を担当することが多いチューバですが、美しいメロディも勿論演奏できます。

ソロコンテストや演奏会での演奏にお勧めしたい、楽しくて取り組み甲斐のある独奏曲をご紹介します。もしも、今すぐコンテストに出場する予定は無くても、練習曲としても挑戦してみたい楽曲です。

皆さんの、選曲の参考としてお役にたてれば、嬉しいです。

曲のグレードは、記事を下に読み進むにつれて、次第に難しくなります。 ただし、「難しさ」の基準は、演奏者によって異なりますので、「並び順」は、あくまでもひとつの目安と考えてください

出来る限り、Bbフラット管で演奏できる曲を紹介したいと思いますが、F管でなければ、演奏が難しいものもあるでしょう。参考演奏なども聴いて、選曲してください。

楽譜の通販サイトへのリンクは、あくまで参考です。店舗や他の通販サイトの方が、安くて早く買える場合もあります。楽譜の購入先は、事前に比較検討してください。

リンク先のURLに掲載(販売)されている楽譜と、参考動画で演奏されている曲では、出版社や編曲が異なっている場合があります。ご了承ください。

A Touch of Tuba / Art Dedrick

スィングジャズテイストの、カジュアルで親しみやすい楽曲です。

cadenza では、ハイB♭ (オプションでは、ハイDの音もあります) が要求されますが、そこをクリアできれば、楽しく演奏できるかもしれません。音域的にはB♭管でも比較的安心して演奏が可能です。

中学生がB♭管チューバで演奏し、ソロコンテストに「初挑戦」する場合には、向いている曲だろうと思います。勿論、本人の演奏技術に応じて、より難易度の高い楽曲に挑戦してもよいでしょう。

楽譜の販売サイト(参考)はこちら→webshop.yamahamusic.jp

Suite for Tuba / Don Haddad

クールでスタイリッシュ、聴いても吹いても楽しい曲でしょう。

1楽章と3楽章では、テンポが速くても、明瞭な発音ができること。2楽章では、跳躍幅の大きなスラーが、なめらかに演奏できることが、鍵となるでしょう。ハイB♭より上(高い)音を要求される場面はありますが、そこをクリアできれば、お奨めの一曲です!

Suite for Tuba

Sonata No.1 in F Major / B. Marcello

ゆったりとしたテンポでは、表現ゆたかに、中間から後半は正確で、かっちりとした演奏ができるとよいでしょう。比較的、とり組みやすい楽曲かもしれません。

Sonata I in F: for Tuba and Piano

Introduction and Dance for Tuba / J.Ed.Barat

普段からの、スケール練習を、しっかり練習してから取り組みたい曲です。

後半のダンスでは、跳躍幅の広いインターバルが多用されているので、そこを吹きこなせると、楽しめるかもしれません。音域的には、B♭管でも取り組みやすい楽曲でしょう。

高校生が、B♭管で演奏し、ソロコンテストに「初挑戦」する場合には、向いている曲だろうと思います。勿論、本人の演奏技術に応じて、より難易度の高い楽曲に挑戦してもよいでしょう。

Introduction and Dance: Tuba

Concerto in One Movement / A Lebedev

ロマンチックなメロディーが美しい楽曲です。音域的には、ハイCが要求されます。 (オプションでは、ハイEも要求されます。)

臨時記号が比較的多く現れるので、音程には気を使うでしょう。後半の調号は#三つですので、吹奏楽のオリジナル作品を中心に演奏してきた方は、最初は戸惑いがあるかもしれません。

楽譜の販売サイト(参考)はこちら→https://webshop.yamahamusic.jp

Sonatina Op.57 for Tuba / Jan Koetsier

音域の広い、駆け上がるような音の跳躍が多用されています。チューニングB♭よりも上の音域が多く使われているので、B♭管で演奏するには、厳しいかも・・。

楽譜の販売サイト(参考)はこちら→https://webshop.yamahamusic.jp

Nocturno, op.7 for Tuba / Franz Strauss

全体を通して、ゆったりしたテンポの楽曲です。演奏技術は勿論でしょうが、情熱的で、表現豊かな演奏が得意な方にも、向いているかもしれません。

楽譜の販売サイト(参考)はこちら→https://webshop.yamahamusic.jp

Concert Piece for Tuba & Piano / Libby Larsen

速いテンポ、激しいリズム、スタミナを切らさずに、高音域を正確、明瞭に演奏できれば、楽しめるかも知れません。

跳躍幅の広いインターバルや、高音に駆け上がるようなグリッサンドも多用されています。腕に覚えのある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか?

Concert Piece for Tuba and Piano

おわりに

お勧めのチューバソロ曲をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。気に入った曲や、挑戦したい曲は見つかりましたか?

記事をよんでくれた皆さんが、演奏会や、ソロコンテストなどで、大活躍してくれることを願っています。

さいくろん

チューバ暦30年。社会人吹奏楽団と管弦楽団で活動中。 アマチュアのボランティア活動として、小中高校での練習もサポート中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント:0件

関連のある記事関連うすい記事も。

コメント (0件)感想、指摘系はここに。相談は掲示板に。

お名前
メッセージ

おわりだよ~

~ ここに「#sample」が存在した場合の処理を記述 ~