ホルンのお手入れ方法

神山 亜季

国立音楽大学卒業。これまで演奏会、音楽教室の講師、ママブラス等多方面で活躍。二児の母。

ホルンの皆さん!こんにちは!

普段の楽器の手入れはどの様にしていますか? ホルンは魅力的で謎だらけ!

この頁では、ホルンのお手入れのやり方をどこよりも分かりやすく!そして丁寧に!お教えします♪

お手入れに必要な道具 

ホルンのお手入れに必要なもの、あって便利なものをご紹介します!

  • ロータリーオイル
  • ロータリーバルブオイル
  • スライドグリス
  • クリーニングロッド
  • ガーゼ
  • 綿棒
  • クリーニングクロス
  • フレキシブルクリーナー
  • ブラスソープ又は中性洗剤

【注意】 ロータリーオイルとロータリーバルブオイルは同じメーカーのものを使いましょう!違うメーカーのものを混ぜるとオイルが固まる場合があります

ホルンの分類とパーツ(名称)

ホルンのパーツの名称です。

この後の説明に出てくる言葉もありますので、分からなくなったら戻って確認してください

ホルンはざっくり分類して

  • シングル
  • ダブル
  • トリプル

という様に分けられます。

すごーく簡単に説明しますと、ひとつの楽器に長さの異なるホルンが1本付いているか、2本付いているか!の違いです。もちろん管の本数が増えるに従ってホルンも重くなりますし、パーツも増えます。

画像はF/B♭フルダブルホルンです。

こんなに沢山のパーツでできています。

そして、こんなに管が抜けるんですね!

【注意】同じ長さの管で、どちらの向きでも入る管がある場合があります。 どちらの向きに入っていたかわかるように置いておきましょう。

楽器を吹く前に…

歯みがきは、必ずしてくださいね♪

毎日のお手入れ

まず、演奏前にオイルをさすようにしましょう。おすすめはヘットマン11のロータリーオイルです。(YAMAHAの場合ですと、ローターオイルです。)

HETMAN ヘットマン ライトローター No.11

差す場所は、第1~3抜差管を抜いたこの部分です この部分にロータリーオイルを1、2滴ずつさしていきます。

このときにオイルが管の側面を伝っていかないように、真ん中を狙ってさしてください!

オイルをさした状態で(楽器を立てたまま)よくレバーを動かしてオイルを馴染ませます。

週に1回のお手入れ

HETMAN (U.S.A.) ベアリング&レバー No.14【ヘットマン】

続いて、ホルンの裏側を見てください。 まずここにロータリーバルブオイルを1、2滴さしましょう!
おすすめはヘットマン14のリンケージ&ベアリングオイルです。(YAMAHAの場合ですと、ロータースピンドルオイルです。)

オイルをさしたらレバーを動かしてオイルを馴染ませます。

※ロータリーの裏に紐が付いている方は、この作業は必要ありません。

続いてロータリーの軸の部分にロータリーバルブオイル(ここではヘットマン14のオイル)を1、2滴さします。 はみ出したオイルは綿棒などで拭き取りましょう。

ロータリーバルブキャップを外します。 【注意】ロータリーバルブキャップを外した後は、画像のような置き方でホルンを置いてください。衝撃を与えてロータリーの軸が歪むと、レバーが動かなくなる場合があります。大事な部分です。

古い酸化したオイルが付着していますので、ガーゼなどでよく拭き取ります。 続いてここにロータリーバルブオイル(ヘットマン14)を1滴さし、レバーを動かしてオイルを馴染ませます。

最後に、全ての抜差管を抜いて、ガーゼで古いグリス等をきれいに拭きとります。

【注意】このとき、きれいに拭い取らないと、古いグリスの塊がロータリーに入り込んだりして動きが鈍くなったりする原因となります。

月に1回のお手入れ

マウスパイプの洗浄

マウスパイプを洗浄しましょう。

YAMAHA フレキシブルクリーナー S & ブラスソープ

主管抜差管を抜きとっておきます。 フレキシブルクリーナーの赤い方のブラシにブラスソープ又は、中性洗剤を含ませマウスパイプを洗います。

洗浄液は、洗剤 1:15 水 で作ってね♪

マウスパイプは一番汚れやすいところですので月に1回はブラシを通しましょう!

その後、きれいな水で洗剤を洗い流してください。

管内の掃除

続いて、クリーニングロッドにガーゼを巻いて、管内もお掃除していきます。(管に入る棒なら何でもOKです!) ガーゼはふんわり巻くのがコツです。

クリーニングロッドが露出しないように注意してガーゼを巻きましょう。 くるくると回しながら拭き取っていきます。

ウォーターキーのお手入れ

意外と見落とされがちですが、ウォーターキーも定期的にお手入れする必要があります。 コルクの部分が劣化しないように綿棒で汚れを取ったり、バネの部分にロータリーバルブオイル(ヘットマン14)をさしてください。

スライドグリスの塗布
ヤマハ YAMAHA スライドグリス スティック SGK4

仕上げに、スライドグリスを塗ります。

スライドグリスは色々なタイプのものが販売されていますが、どれでも構いません。楽器によって抜差管が緩いものもありますので、その場合はハードタイプや粘度の高いものを使うといいですよ!

塗る場所は抜差管の先の部分です。 抜差管を何度かスライドさせて馴染ませましょう。 はみ出たグリスはきれいに拭き取ります。

演奏後には…

楽器内部の水分のふき取り

全ての管の水分を抜きます。

ホルンは管が長く、ぐるぐると渦を巻いています。そのため、必ず楽器を回転させながら管の中の水分を抜きましょう。この作業を何度か繰り返します。

YAMAHAからこの様な金管楽器専用のスワブも販売されています。

ヤマハ YAMAHA クリーニングスワブ FOR HR CLSHR2

また、楽器ケースの中に乾燥剤(シリカゲル)をいくつか入れておくのも大変有効です。

必ず、抜差管は全て一番下までしまってください。

【注意】抜差管を抜いたまま錆が発生すると、抜差菅が抜けなくなったり、抜差管がスムーズに動かなくなる原因となります。

マウスピースの洗浄

次に、マウスピースを洗い、マウスピースの中は綿棒などで水分を拭い取りましょう。 マウスピースは傷つきやすいので固いものでゴシゴシ洗わないで下さい。

※繊細な場所ですので、傷で空気の抵抗が変わり、楽器の吹き心地が変わってしまう場合があります。

楽器表面の掃除

仕上げに、柔らかいクロスで楽器を丁寧に拭いてあげてください。 ヤマハ YAMAHA ポリシングクロス M COTTON PCM3

おわりに

いかがでしたか?

楽器に水分は大敵です‼

そして、ケースにしまう前に『今日もありがとう♪』感謝の気持ちを忘れずに伝えてください!楽器もその気持ちに応えてくれますよ!

お手入れひとつにしても、覚えることが沢山ありますが、楽器のために!きちんと覚えてお手入れをしましょう!

神山 亜季

国立音楽大学卒業。これまで演奏会、音楽教室の講師、ママブラス等多方面で活躍。二児の母。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント:0件

関連のある記事関連うすい記事も。

コメント (0件)感想、指摘系はここに。相談は掲示板に。

お名前
メッセージ

おわりだよ~

~ ここに「#sample」が存在した場合の処理を記述 ~